FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

電力自由化

2016年4月に、法律の改正により家庭などに向けた電力小売りが自由化されます。
これにより、従来地域ごとの電力会社だけでなく、さまざまな会社が電力を消費者に直接販売できるようになります。

2016年4月からは、現在の大手電力会社だけでなく、さまざまな業種の企業が電力販売を開始します。
また大手電力会社もたがいに地域の枠を超えてサービスを提供されます。
全国的に一律サービスをする企業もあれば、地域単位でサービスされる企業もあります。
TVCMが流れているエリアでお住まいの地域がサービス対象と思っていても、対象外エリアの場合もあるかも知れません。
現在さまざまなサービスを受けている企業と抱き合わせる事で安くなったりもします。
また、逆に現在の大手電力会社から変更することによって、高くなる場合もあります。

私の家庭の場合(夫婦2人暮らし)で、平均して毎月5000円前後です。
いろんな条件を比較しても、平均して100~200円程度しか安くならなかったのです。
厳密に言いますと、比較サイトでシュミレーションすると、現在の契約より高くなる月もあったりしました。

そこで、電気料金と言うものは、使用すればするほど高くなる仕組みです。
沢山使えば使うほど1KWの電力料金が安くなっている訳ではありません。
自由化で各企業が割引を出しても、使用量が少ないと割引金額も少なく、現在と大差がないと思われます。
ある一定の使用量を毎回越えている家庭には、逆に現在の金額との開きが大きくなり、
乗り換える方が得なこともあるかと思います。

乗り換えた場合のアフターについては、実際始まってみないとなんとも言えません。
ただ、企業が倒産してり、天災などで契約企業が一時的にサービスできなくなっても、
使用料金を払っている以上、電気は止まらないとのことです。
基本的には、大手電力会社が敷設してる電力線を使用しているので、その電力線に
異常があった場合は、どの企業を使用していても、被害を受けるので、災害の場合は、
今までと変わらないと言うことです。

そこで、そんなことこんなことを、地域や色んな現在使用しているサービスを絡めて、
比較、申込みのできるサイトをご紹介いたします。
いま、多くの方々が参考にされているサイトです。

電力比較サイト エネチェンジです。

まずは、毎月検針されている、たとえば「電気のご使用量のお知らせ」などをお手元にご用意ください。
そこに記入されている、「プラン名」や「今月の使用量」などいくつかの質問に答えるだけで、
割引率の大きい企業順に表示されます。

↓↓↓エネチェンジ↓↓↓


スポンサーリンク

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

tag : 電力自由化 電力小売り 電力販売 比較

プロフィール

たぬき

Author:たぬき
いき生きマート店長のたぬきです。いき生きマートでは、皆様にお得な商品情報や関西の季節イベントの情報を提携して頂いているアフィリエイト様の情報を交えながら日々更新を行っております。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。